文部科学省国立教育政策研究所(NIER)・JICA地球ひろば共同プロジェクト
「グローバル時代の国際教育の在り方国際比較調査」



趣旨
 近年、急速に進行しているグローバル化社会において、日本と他国との相互依存関係はますます複雑に深化しています。このような時代に、世界の現状を理解し、異なる価値観・環境に対する適応力・対応力をもったグローバル人材の育成は、我が国にとって喫緊の課題となっています。こうした状況を踏まえ、(独)国際協力機構(JICA)地球ひろばと国立教育政策研究所(NIER)は、他国の教育課程及び国際教育の動向の調査や比較分析を行い、将来の我が国の教育課程・国際教育のあり方について示唆を得ることを目的とした共同プロジェクトを2011年12月に開始しました。これまでに公教育と国際教育(国際理解教育/開発教育)の融合を切り口に、オーストラリア、ニュージーランド、イギリス、ドイツ、アメリカ、カナダについて比較調査を行い、昨年8月には海外から有識者を迎え、グローバル人材育成を可能にする教育を考える国際シンポジウムを開催しました。
今般、プロジェクトの終了を迎えるにあたり報告セミナーを開催し、これまでの調査の成果を共有するとともに、グローバル化時代における我が国の国際教育の将来的なあり方について意見交換を行います。


日時、会場

2014年3月8日(土)
 
13:30~17:10
 (受付開始13:00)

JICA地球ひろば
 
国際会議場

 
〒162-8433
東京都新宿区市谷本村町10-5

↑クリックするとJICA地球ひろばにリンクします 
主催
文部科学省国立教育政策研究所、JICA地球ひろば
参加無料(定員140名)
申込方法
申込書をダウンロード し、下記事務局宛にメールでお申し込みください

Email:seminar-global(a)idcj.or.jp ((a)を@に変えて宛先に入れてください)
申込締切 
2014年3月5日(水)(定員に達し次第締め切らせていただきます)   
問い合わせ先
本シンポジウム事務局:(株)国際開発センター(担当:安室)電話:03-6718-5932(代表)
※電話での申込はできません
報告セミナープログラム(案)