IDCJ評価事業部主催

『プ ロフェッショナル統計分析ワークショップ』

〜 平均値から構造方程式モデリングまで〜


 
ご好評にお応えして再度開催 !!

2011年111日(火)、12日(水)、13日(木)
*最終日の13日(木)は自由参加です。


                      


社会調査や政策評価に活用 できる統計分析技術を参加者に身につけていただくことを目的として、標記の ワークショップを開催致 します。
  
2日間で、平均 値の計算から始めて重回帰分析までじっくり演習します。エクセルの操作だけではなく、電卓を叩いて手計算をしてその結果を確かめることにより、確実に技術 を身につけていただきます。
 さらに3日目(自由参加)は、統計学の最新テクニックである構造方程式モデリングに関して、これも手計算を含めてじっくりと演習します。
構造 方程式モデリング用の専用ソフトであるAMOSを使用します(学生版・当方から無料ダウン ロード先を指示 します)。

参加のための事前条件は、 足し算・引き算・掛け算・割り算ができることと、エクセルを日常的に使用していることです。ワークショップでは、エクセルが入ったパソコンと電卓を使用し ます。
 
 学問的な精緻さよりも、実務でどのように使えるかに重点を置きます。

 本ワークショップの修了者に は、修了証が交付されます。

 

開催要領

日 時:2011111日(火)、12日 (水)10:00-17:00、
     13日(木)10:00-15:00(自由参加)
*
終了時間は進み具合により1時間ほど前後する見込みです。

場所:一般財団法人国際開発センターC会議室(人数により近隣の会場に変更になる場合があります)。

*新宿駅より「JR埼京線(新木場行き)」(りんかい線直通)で16分 です。

http://www.idcj.or.jp/about/access.html

参加費用:50,000

募集人数:最大10名(募集人数に達し次第 締め切らせていただきま す)

参加条件:足し算・引き算・掛け算・割り算が できること。
  エクセルを日常的に使用していること(入力などがスムーズにできる)。

テキスト:当日配布致します。また事前にデー タでお送りします。

講師:佐々木亮 主任研究員(評価学博士)

申込要項:以下の要領でEメールにてお申込 みください。

期 日:2010年1224

記載 事項:お名前、ご所属先・役職、連絡先電話番号、Eメールアドレス

申込先:

 

 

(ご注意) ワークショップ名にある「プロフェッショナル」の意味は、英語で言うProfessional school(専門職大学院)Academic school(学 術大学院)の区分けで使用する意味のプロフェッショナル(専門職)の意味です。

       『プロフェッ ショナル統計分析 ワークショップ』
               時間割

日時 内容

2011

1

11日(火)

 
第1回10:00-12:30

コースの概要説明
(1)
平均値の計算

(2)標準偏差の計算

第2回

13:30-15:00
(3)以前の状況と比較す る(対応のある検定)
第 3回
15:00-17:00

(4)隣町と比較する(対 応のない検定)


2011
1

12
(水)
第4回10:00-12:30

(5)周辺の複数地区と比 較する(パネルデータの重回帰分析)

第5回

13:30-15:00
(6)重回帰分析の手計算 (切片と傾き、値、値、R2 (この回は電 卓およびエクセルでひたすら計算してみます)

第6回

15:00-17:30

(7)過去の傾向線と比較 する(時系列データの重回帰分析)

2011
1

13
(木)
第7回10:00-12:30 (8)構造方程式モデリン グ1:AMOSを使用して社会状況の背後の因果関係をフローチャートと数式で表してみる

第8回

13:30-15:00
(9)構造方程式モデリング2:AMOSを使用した演習と留意事項の解説



(各回とも具体的な例題を見ながら、(i)エクセルの統計分析ツールで計算、
(ii)電卓&エクセル で手計算、(iii)留意点の解説という流れで演習します。)

 


                        最終更新:2010年11月24日 
           All right reserived by IDCJ